アクティブに楽しもう

板橋区民にとって、有形・無形文化財が多数点在しているのは誇りで、板橋の地名の由来となる橋も定番スポットです。もちろん、区民にとって遊びのスポットとなるのは、公園やふれあい動物園などでしょう。子どもからカップル、お孫さんを連れて楽しむお爺ちゃんやお婆ちゃんの姿も必ずあります。例えば、【板橋区立こども動物園高島平分園】は、キッズの鉄板となるスポットです。開園時間は午前10時~午後4時30分で、何より無料で楽しめる癒されスポットです。都営三田線高島平駅下車、徒歩5分にあり、放し飼い広場ではヤギやヒツジに餌付けもできます。板橋区民にとっては当たり前、定番化しているのに、実は特色ある公園も目白押しにあるようです。例えば、浮間舟渡駅すぐの場所には【新河岸東公園】があります。ボールネットやターザンロープなどの遊具も年齢別に楽しめる配置になっています。もちろん、健康快道なる足裏を刺激するツボロードをテクテク歩く保護者の姿もあります。電車が観える鉄スポットもあるのがポイントです。他にも、【交通公園】はその名称通りに、信号機のある交差点を模しているから、園児や自転車に乗り出すキッズに交通マナーを教えるにはうってつけのようです。【城北交通公園】には通称デコイチといわれる蒸気機関車があります。歴史も一緒に積み込んだデコイチのみならず、国際化によるドイツ・コッペル社製のミニSL(ベビーロコ号)までが展示されています。開園時間は午前9時から午後16時まで、都営三田線蓮根駅下車、徒歩5分の場所だから、いつも区民で賑わっています。

もっと知ろう

広告募集中